PROFILE

  • 商品開発部
  • 遠藤 歩美Endo Ayumi
  • 2016年 入社
  • 経営学部 卒

仕事のエピソード

ないものを新たに作るということは難しいですが、やりがいを感じます。

 私は、配属されて間もなく大型新規製品の立ち上げを任されました。加工難易度が高く、複数製造工程を経て完成する 従来の技術や仕組みでは対応できない製品でした。経験豊富な先輩社員の方々からサポートをもらい、様々な課題をクリアし無事やり遂げることができました。現在も新たな壁にぶつかりながら、開発者として成長していきます。
 現在 八幡ねじ独自の規格で製造する製品を担当しています。性能評価、製品寸法や公差、材料手配~製造~検査項目・方法、梱包・出荷まで一連で決めてく必要があります。通常のねじではISOやJISなどの規格や社内ルールがあるものを、全て社内で決定することになります。ないものを新たに作るということは難しいですが、やりがいを感じます。

1日のスケジュール

8:40朝礼・全社清掃
9:00メールチェック、見積依頼など
10:00評価試験の準備
11:00試験開始
12:00(昼休み)
13:00
14:00
15:00製品 製造工程打ち合わせ
16:00開発ミーティング(部署内での方針・案件の進捗確認)
17:00
18:00評価試験 報告書作成
19:00上司への報告・相談、経費申請など書類作成、明日の段取り
20:00帰宅

学生時代の
経験が生きてくるところ

 学生時代に色々な人と関わること
⇒社会人になると色々な世代の、色々な性格の人と関わることになります。(これからは多人種にもなっていく) 好きでも嫌いでも仕事となれば、うまく関わらないといけません。 入社後苦労した点でもあります。 学生のときに、学校でも、趣味でも、アルバイトでも 色々な性格・世代・人種の考え方を少しでも知っているだけで コミュニケーションがとりやすくなると思います。

入社を希望する人々に
メッセージ

 若手社員の意見を大切にしている会社だと感じ、入社を決めました。面接のときからずっと私がどうしたいのか、どうなりたいのかにとても興味を持って話を聞いてくれ、自然と私が八幡ねじに入社してどうしていくか、どうなっていきたいかを考えるようになりました。就職する会社で自分がどうなりたいのか、何ができそうかを想像し、わくわくする会社を見つけて下さい!

遠藤 歩美さんの仕事をもっと知る

開発