PROFILE

  • 品質保証部
  • 光本 祈Inori Mitsumoto
  • 2011年 入社
  • 総合学科 卒

仕事のエピソード

自分の関わった部品が世界中のプラントで使用されていることを思うと、大きなやりがいを感じます。

 新規の立上げ案件で、台湾製の輸入製品を取り扱うことがありました。この部品は石油・化学プラントの制御機器に使われる防爆部品であったため、場合によっては大事故や人命に関わる物でした。そしてお客様がグローバルに販売するため、各地域の防爆規格に適応した精度要求があり、非常に高い顧客要望をお満足する必要がありました。
 この製品を量産レベルで実現するため、お客様の設計・技術担当の方との度重なる打ち合わせを行い、製造元である台湾メーカー担当者と製造管理方法・検査方法の打合せを何度も行いました。その中では、適した検査治具を設計・製作したり、実際に台湾メーカー製造現場の確認や実際の検査環境の確認も行いました。試作に至っては、1万個以上の試作品を1個ずつ検査し、量産レベルで安定した製品製造ができるか検証し、約1年半かけて製品化しました。
 結果として、量産が始まってから1年半程経ちますが不具合もなく納入できており、この部品のおかげでお客様から「ベストパートナー賞」を頂くことが出来ました。私の関わった部品が世界中のプラントで安全に使用されていることを思うと、大きなやりがいを感じます。

1日のスケジュール

8:40朝礼・清掃
9:00今期の目標に対する前日の進捗確認
10:00前日に発生した問題に対する関係者へのヒヤリング、原因元への連絡
11:00新規案件についてメーカーと打合せ
12:00(昼休み)
13:00関係者と課題についての打合せ
14:00検査自動化のプログラム作り
15:00
16:00試作品の検査や依頼を受けた調査、評価、必要に応じてメーカーへ連絡
17:00
18:00雑務、後片付け
19:00帰宅
20:00

学生時代の
経験が生きてくるところ

 特に好奇心と積極性が、生きていると感じます。私は大学時代を含め約6年間アメリカに留学していました。様々な人種の学生が集まる留学先で生活する中で大切だと感じたことは、相手に興味を持つこと・何でも積極的にやることでした。理由は、その方が楽しいからです。これは、仕事においても同じだと感じています。
 仕事というのは一人で完結することは無く、必ず他者との関わり合いの中で進んでいくものです。様々な人や物と関わり、カタチにしていきます。物事を深く知り、考え、必要な行動をとることで、より楽しく仕事ができていると感じます。

入社を希望する人々に
メッセージ

 好奇心と積極性を持ち、少しでも多くのことに触れて様々なことを感じて欲しいです。海外旅行に行ったり、やったことがないことに挑戦したり、今まで感じてこなかったことをたくさん感じて下さい。学生の特権は、時間を自由に使える点だと思います。今しかできないことを今できる限りやって下さい。その経験が、将来必ず仕事にも活きてきますし、何よりも皆さんの人生が楽しくなると思います。

光本 祈さんの仕事をもっと知る

品質保証