PROFILE

  • 商品企画部
  • 有馬 佑輝Yuki Arima
  • 2011年 入社
  • デザイン工学科 卒

仕事のエピソード

「あの新商品よく売れてるよ。」といった声を聴くことが仕事をしてゆくうえで本当にうれしい瞬間です。

 過去にインテリア製品の企画立案から発売までを担当させてもらいました。商品を市場に出すまでには困難の連続でした。使い手にとっての心地よさや安全性、製造面、さまざまな側面から製品仕様を設計し決定しますが、そこからが大変なのです。我々の役目は商品を流通の軌道に乗せ、ターゲットとなるお客様へ届けることです。そのため、商品を発売するために工場の方との金属加工や塗装品質の打ち合わせや物流センターの方との梱包、入荷形態について綿密なすり合わせが必要です。一方では販促物なども作成したり。そうした多くのステップを一つひとつ乗り越えて商品が売場へ流通されます。全力で取り組んで発売に結びつけた商品に対し「あの新商品よく売れてるよ。」といった声を聴くことが仕事をしてゆくうえで本当にうれしい瞬間です。
 八幡ねじは金属加工、表面処理、ものづくりの多くの協力会社様に支えられています。その会社様をつないで新しい価値を創造し、生活の根底を支えられる新商品を生み出してゆきます。

1日のスケジュール

8:40(朝礼・全社清掃、早めの出発など)
9:00メールチェック、開発案件打合せ
10:00提案書作成
11:00提案書作成
12:00(昼休み)
13:00仕入先商談
14:00印刷データ入稿準備、デザイン入稿
15:00印刷データ入稿準備、デザイン入稿
16:00試作品チェック
17:00デザイン作業
18:00デザイン作業
19:00退社
20:00

学生時代の
経験が生きてくるところ

 大学ではプロダクトデザインを専攻していました。どんな商品やサービスがあれば生活が改善され、良くなるのかを課題やプロジェクトを通して学んだことを覚えています。その中で、多くの方々に意見や指導してもらいながら何度も何度もやり直して一つの成果物を作ってきたことが、今でも商品開発をしていくうえでの筋道や考え方の基盤になっていると実感しています。

入社を希望する人々に
メッセージ

尊敬できる先輩や、先生そういった方を見つけることで、教わりたいという素直な気持ちになります。さまざまなことが学べると思うし、自身の成長につながってゆくと思います。

有馬 佑輝さんの仕事をもっと知る

企画・デザイン