PROFILE

  • 海外商品部
  • 川村 智宏Tomohiro Kawamura
  • 2011年 入社
  • 総合学科 卒

仕事のエピソード

ミスが起こりそうなところを詰めて問題なく製品がお客様に届くことはとてもやりがいがあります。

海外取引のさらなる拡大に邁進しています。現在の主な仕入国である中国、台湾だけでなく東南アジア、インド、ヨーロッパなどから日本市場に合う品質と価格、新しい製品を日本のお客様に紹介できるようになることが目標です。
実際の仕事で大変なことはメールや電話で仕様をやりとりしていたとしても現場での確認や製品が弊社に入荷した時に打合せした仕様とは異なることがあることです。そういったことがないように事前に海外仕入先担当者の方とミスが起こりそうなところを詰めて問題なく製品がお客様に届くことはとてもやりがいがあります。

1日のスケジュール

8:40朝礼
9:00メールチェック、営業との打合せ(新規製品仕様取決め、品質、納期、価格)
10:00海外メーカーへ見積依頼
11:00仕様書作成
12:00(昼休み)
13:00部内ミーティング
14:00海外拠点との打合せ(工具、設備更新)
15:00海外メーカーとの新規案件、納期、品質(電話、メールなど)
16:00
17:00見積回答
18:00
19:00営業との打合せ(新規製品仕様取決め、品質、納期、価格)
20:00帰社

学生時代の
経験が生きてくるところ

英語は現在の仕事にとても生きています。現在の部署(海外商品部)での仕事は海外出張の際だけでなく、日々のメールや電話でのやりとりにも英語もしくは現地側の言語が必要であることを痛感します。海外との取引での共通語は英語だと改めて感じました。

入社を希望する人々に
メッセージ

好奇心を常に持つことが重要だと思います。若手にも新しい仕事や重要な仕事を任せてもらえる雰囲気があります。また、若手や中堅社員が社長と直接話すことも難しくありません。提案すれば提案が実現したり、うまく進まないときにアドバイスをくれる先輩もいます。創業して70年以上たっている会社ですが、さらに良い環境にできる余地があると感じます。

川村 智宏さんの仕事をもっと知る

購買(商品部)